恋に落ちるってどんな瞬間?

「恋に落ちる」、「恋に落ちた」ってよく聞くけどそれって実際どういうことなのでしょうか。
会った瞬間に恋に落ちたとかよく言いますよね。経験がある人にとっては言葉ではうまく表せないけど、何となくどういうことかわかるはずです。では、言葉で表現しようとするとどういうことなのでしょうか。
まず、男性よりも女性の方が恋に落ちやすいと言われています。それはただ単に女性が気が多いからとかいう理由ではなく、女性は良いと頃を見つけやすい傾向にあるため、恋に落ちやすいのです。では、私たち人間が恋に落ちるのはなぜなのでしょうか。
私たち、人間が恋に落ちるシチュエーションは多岐に渡ります。理屈ではなく、ある日突然訪れる感情でもあります。まるで一厘の花が咲くかのようにお互いの感性が触れ合うことで起こります。また、相手ことを考えただけで、胸はドキドキ、頭はぼーっとして、胸のあたりがキューンと締め付けられる・・・何をしているときも相手のことを考えてしまう・・・そんなときが恋に落ちると言えるでしょう。

公衆無線LANに潜む危険

近ごろ、地下鉄の駅やカフェ、コンビニなど街の至る所で公衆無線LANが使えるという表示を目にするようになった。外出先で高速のインターネットが使えるのは非常に便利で利用するユーザーも多いが、一方でセキュリティ面で気を付ける点もある。
公衆無線LANは外出先で無線の高速インターネットに接続できるサービス。駅や商業施設など人が集まる場所に設置されるケースが多い。公衆無線LANには、NTTドコモなど携帯電話キャリアが提供するサービス、携帯電話キャリア以外の業者が提供し、コンビニや飲食チェーン店などで利用できるサービス、旅行者向けのサービスなどがある。無線LANを家で使う際は、通常はパスワードにより暗号化されているため、情報を盗み取られるリスクは低い。一方、公衆無線LANの場合は多くのユーザーが使用できるようにパスワードが公開されていたり、暗号化のレベルが低かったりするケースもあり、その場合無線を傍受されて情報を盗み取られるリスクがある。
無線LANを使う時どのようなことに気を付けなければならないかというと、暗号化されていることを意味する『鍵アイコン』の付いたサービスを使うようにすることだ。鍵アイコンのついていない、いわゆる「野良Wi-Fi」は使わない方が良いそうだ。手続きなしでネットに接続できるためつい使ってしまいたくなるが、野良Wi-Fiの中には盗聴目的で設置されるものもあるそうだ。また、ネットバンキングや通販サイトなど個人情報を送信するサイトへのアクセスは避けた方が良い。メールは暗号化がされていないため、情報が筒抜けになる可能性が比較的高いので注意が必要だ。大事な情報をやり取りする際はサイトがSSLで暗号化されていることを確かめてからアクセスすることを心がけた方が良い。便利になったはいいが、利用するにはくれぐれも注意が必要だ。

背中痩せ5分ボディメイク

見落としがちな背中のお肉・・・。もうすぐ春で洋服も薄着になった一て余分な脂肪が目立ってしまいますよね。
日常では背中の筋肉を使う機会がなかなかないため、何も意識をしないでいると知らぬ間に背中のお肉が分厚くなってしまいます。
その結果だらしない身体に見えてしまいます。自分では見えないパーツだからこそ、脂肪や背中の筋肉の衰えにも気づきにくいところでもあります。背中のエクササイズ方法はとっえも簡単です。うつぶせで床に横になり、そのまま両手をまっすぐ上に伸ばします。このとき手のひらは内側に向けてください。そして対角線上の足と腕を上げて1分間キープします。つぎに反対も同じように行ってください。左右で1セットとし、2~3セットを繰り返しましょう。慣れるまではセット数や秒数などを減らして行ってみてくださいね。
筋肉が程よくついた素敵なバックラインは姿勢も良くなり、他人から見られたときのイメージや印象も良くなります。あなたも綺麗なバックラインを手に入れましょう。

光るインフルエンザウイルスを開発

蛍光を発するインフルエンザウイルスが青緑や緑、黄、暗い赤の4種類開発され、「Color-flu(カラフル)」と名付けられたそうだ。感染による気道の炎症や防御反応の仕組みを動物実験で詳しく調べられるほか、新たな薬やワクチンを開発する際に効果の評価に使えるとのこと。インフルエンザを蛍光で識別できれば感染した細胞の画像解析が容易になるが、ウイルスに蛍光たんぱく質の遺伝子を導入すると、病原性が低下してしまう問題があったそうだ。このため遺伝子を導入したウイルスをマウスに繰り返し感染させ、病原性を維持するよう変異させたそうだ。ウイルスは実験によく使われるヒトから分離したA型ウイルスと、高病原性の鳥インフルエンザウイルスで作製。マウスに感染させて肺で免疫細胞の働きを調べたり、複数のタイプのウイルスを同時感染させて新型が出現するか調べたりする実験も行ったとのこと。これによって新薬やワクチンの開発が進むことを期待したい。